働くのは気力体力がみなぎってからにしましょう。障害者年金だって生活保護だって、世の中にそのような制度があり受ける権利があれば利用すればいいんです。問題は、お子さんと今日笑えるか?明日も楽しく笑えるか?それだけです。大丈夫ですよ。あせらなくても。きっと色々と良くなりますよ。だから明日はお子さんと楽しく遊んで思い切り笑いましょう。 率直なイメージとのことですので、私でしたら「何とも思わない」です。というのも、私自身が支援所(B型です)に通っていて、障害年金を受け取っているからです。支援所を利用している利用者の中には、同じく障害年金を受け取っている利用者も数多くいます。以前、私が幼い頃、父が作業中に事故にあって、その間働くことが出来ずに、生活保護を受けていた時期もありました。でもさんのようには気にはなりませんでしたよ。むしろ、保護を受けられて本当に生活が助かりました。 https://boshiteateikura-koushine.localinfo.jp/